農業に関する動画を毎日投稿(run)農業を学ぶ(learn)農業の動画サイト

ファームラン

Featured Video Play Icon

家庭菜園

【お酢の濃度にご注意を!】お酢の濃度障害の比較

更新日:




梅雨時期の栽培育成の手助けをするためにお酢を使用されることがあります。濃度としては200~500倍以上に薄めて使用するのが基本です。濃度を濃くした方が光合成の促進や病害の予防に効くと考える方もいるかもしれませんが、葉焼けなどの障害を起こす可能性が高まります。

今回はそんなお酢の濃度による障害をご紹介します。

10倍、20倍、30倍、50倍、100倍、200倍にそれぞれ薄めたものを散布した物を見ていきます。

濃度ごとにどう変化するかをご覧ください!

マルシマ 有機純米酢(500ml)【org_4_more】

スプレー アルコール対応 スプレーボトル スプレー容器 アルコール 霧吹き 500ml PET樹脂

発送時期は4月下旬より!長野より発送します!! 赤ピーマンの苗 10株農家さんが使っているため徒長(とちょう)してません!!!

【目次】

1.濃度10倍~20倍

2.濃度30倍~50倍

3.濃度100倍~200倍

1.濃度10倍~20倍

散布から30時間経過した時点で10倍の濃度のものは既に葉焼けが発生しています。10倍での濃度の使用は危険なようです。

次に20倍です。ぱっと見問題なさそうに見えますが、部分的に葉焼けを起こしていたり、葉脈に近い部分の色が薄くなっていたりします。10倍ほどではないにせよ障害は起こっているので控えた方がよいでしょう。

 

 

2.濃度30倍~50倍

次に30倍です。この辺りまで来ると変化がわかりづらくなっていますが、所々葉の色が薄くなっているので使い続けることで葉焼けの危険などがありそうです。

 

50倍まで来るとさらにわかりづらいですが濃くかかった場所では葉焼けがあるので使用は危険なようです。

3.濃度100倍~200倍

100倍までくると200倍と比べてもほぼ変化は見られません。100倍程度であれば濃度障害の問題はないようです。

この動画の実験した動画は曇りの日に行っていますので晴れの日などに行うと濃度障害は起こりやすいようです。

 

いかがだったでしょうか?

濃度を濃くしすぎると効き目がよくなるどころか障害を起こしてしまいますので適切な濃度を心がけましょう。

 

農機具高額買取なら【農機具買取査定君】

農業のお悩みをプロに相談しよう
アグティーは、課題やお困りごとがある農業者や家庭菜園者がプロ農家(アドバイザー)に対価を⽀払い、ビデオ通話やチャットを通じて相談し課題を解決してもらうサービスです。
アグティーはこちら

毎日届く公式LINE始めました!スマホからはこちら

友だち追加

 

こちらも見てね!

Featured Video Play Icon

家庭菜園 農薬

2021/12/6

【そら豆アブラムシ被害】マルチの効果で変わるの?

この時期に育てられる野菜は限られますよね。 冬の栽培で定番なのがそら豆ですがこんなに寒いのに地域によってはアブラムシの被害など出てきますよね 以前アブラムシの対策についての紹介しましたが今回はシルバーマルチの効果についても紹介していきます。 今回は1列で植えたものと2列で植えたものの2パターンがありますので、そちらについて解説していきます。 以前の記事はこちら ぜひ読んでみてくださいね!   【目次】 1.1列定植の結果 2.2列定植の結果 3.さらに5日後の状況 1.1列定植の結果 1列で定植 ...

Featured Video Play Icon

農作業

2021/12/5

【これだけ切ればOK簡単なやり方】放任剪定の仕方

実家の畑に何本か果樹が植えられているという方もいませんか? 特に何もしていないけど毎年少し収穫できる!みたいなことありますよね? 今回はそんな放任していた果樹の剪定方法について説明します。 ぜひ読んでみてくださいね!   【目次】 1.ノコギリを使った剪定方法 2.ノコギリを横にひく 3.株の根元から綺麗に切る 1.ノコギリを使った剪定方法 まず今回は普段皆さんが使っている「剪定ハサミは使いません!」 なんとノコギリのみで行います。 毎年丁寧に剪定している木などであればよいのですが、今回のように ...

Featured Video Play Icon

家庭菜園

2021/12/4

【目からうろこ】アボカドの賢い育て方教えます

近年ではすっかり食卓の定番になってきた「アボカド」。 実は家庭菜園でも賢く育てることができるんです! 今回はアボカドの栽培についてご紹介していきます! ぜひ読んでみてくださいね!   【目次】 1.アボカドの植え方 2.アボカドの植え付ける場所 3.アボカドの植え付け実演 1.アボカドの植え付け方 そもそもアボカドは原産地がメキシコ周辺の植物です。 つまり最低気温が5度を切ることがない地域で育つ植物ということになります。 そのため耐寒性がまったくありません。またクスノキ科であるため非常に大きくな ...

Featured Video Play Icon

園芸作物 土づくり 家庭菜園

2021/12/3

【無限栽培可能】12月のミョウガ栽培!家庭菜園や農園で1株あれば簡単に!

先日12月に植える野菜ベスト5の動画を紹介させていただきました。 先日の動画はこちら 今回はその中で第1位に輝いたミョウガの栽培についてご紹介していきます! ぜひ読んでみてくださいね!   【目次】 1.ミョウガ土作り 2.ミョウガ植え付け 3.ミョウガ栽培方法 1.ミョウガ土作り そもそもミョウガは多年草ですので一度植えると何年も同じ場所で収穫することができる作物です。 夏前後に地面から顔を出して収穫できるもので春に出る新芽を食べることができて、それを「みょうがたけ」として食べています。 まず ...

Featured Video Play Icon

家庭菜園 施設園芸 農作業

2021/12/2

【イチゴの促成栽培】11月の状況について解説

12月に入りスーパーに少しずつイチゴが並んできましたね。 今回は、促成栽培で栽培されているイチゴの現状ついてご紹介していきます! ぜひ読んでみてくださいね!   【目次】 1.いちご様子 2.害虫の発生 3.受粉について 1.いちごの様子 本日は12月2日ですが撮影日は11月ですので現在はもう少し状況が違うかもしれませんがイチゴ農家さんやハウスで家庭菜園をやられている方は参考にしていただけたらと思います。 今回紹介する農園様では上下段ベンチという設備で栽培されています。 画像は9月の中旬に定植し ...

人気動画

Featured Video Play Icon
1

農業でも実用化が始まっているドローン! 1.農薬散布時間の省力化 2.作業者の健康のため 3.カメラを活用して以上個所のみに散布することによる減農薬 などなどの点から非常に注目されています。 今回紹介 ...

Featured Video Play Icon
2

自動運転の機械を出し始めたヤンマー。 今回は将来は人が作業しない、「ヤンマーが考えるスマート農業はいかに」という動画です。 現在農業を行っている人からしたら考えにくい世界感ですが、開発はすでに進んでい ...

Featured Video Play Icon
3

家庭菜園の定番「ミニトマト」。 今回の動画では、ホームセンターで販売している苗の選び方から定植方法・元肥の選び方まで解説してくれています。 「ミニトマト」をやって見たい!という方はオススメの動画です。

-家庭菜園

Copyright© ファームラン , 2021 All Rights Reserved.